トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 医院としての考え方

医院としての考え方

院長あいさつ

治療法の正解はひとつではない
さまざまな患者さまの要望に応える術を、常に持っていたいと考えています。患者さまが抱えている歯科疾患には個人差がありますし、さらには、時間や費用等といった多くの要因もあるため、画一的な治療方は有り得ませんし、正解も一つではないはずです。

「できない」とは言いたくないですし、「これしかありません」とも言いたくない...。だからこそ、治療法に選択肢を持たせられるよう、常に自分達の刀を研いでいるつもりです。

私だけでなくスタッフも含めて、海外の勉強会にも頻繁に出かけ、常に、最先端の技術や情報を学び続けています。そういう努力を詰め重ねることで、「他の病院で断られた」といった難症例にも、積極的に取り組んでいます。

難症例にも対応できる知識と経験を磨く
今一番力を入れているのは「インプラント治療」です。インプラントはデリケートな治療ですので、難症例も多々あります。たとえば海外では、上あごの骨が薄すぎて通常通りの方法ではインプラントを埋入できないケースで、「頬骨(眼球に近い部位)に埋入する」といった例も見聞きしました。

もちろん、国内では、そこまで極端な施術例は多くありません。しかし、極端な例を知っておくことは、普段の症例が比較的容易いものであると思われ、「あれが可能であるなら、少々の難症例には必ず対応策があるはず!」という、心の底力になってくれるのです。

治療で全てが完結するのではない
院長あいさつ患者さまは、時間や費用を費やし多分だけ、自分が受けた治療の効果が長く続いてほしいと思うでしょう。もちろん私達も、自分達の治療結果が長く機能してほしいと願います。そのためには、患者さまにも少し意識を変えていただかなければならないと考えます。

「なぜ虫歯になってしまったのか」「なぜ治療に来ることになったのか」を考えると、生活やケアなどが、それまでと全く同じでは良いはずがないということに、気づいていただきたいと願います。

もちろん、治療が終わりに近づく頃には自然と意識が変わってきていて、「もっとキレイにしたい」「キレイを持続させたい」と思われる患者さまも多いと思います。その「○○したい」という気持ちが大切です。

治療の終わりこそが次へのスタートです!
私達は、そのご希望を叶えるお手伝いもさせていただいています。治療が終了した後には、必要に応じて、定期検診のお知らせをお送りしていますので、そのタイミングでぜひ、チェックアップやクリーニングにお越しください。

「虫歯や歯周病になってしまった頃の状態」に戻ることのないよう、予防ケアを続けることでこそ、お口の健康を永く保っていけると考えます。つまり、「治療の終わり」は「ケアの始まり」なのです。大切な歯を、一緒に守っていきましょう。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 医院としての考え方


コールバック予約

PAGE TOP