トップへ » 院長あいさつ・経歴

医院としての考え方

院長あいさつ

治療法の正解はひとつではない
さまざまな患者さまの要望に応える術を、常に持っていたいと考えています。患者さまが抱えている歯科疾患には個人差がありますし、さらには、時間や費用等といった多くの要因もあるため、画一的な治療方は有り得ませんし、正解も一つではないはずです。

「できない」とは言いたくないですし、「これしかありません」とも言いたくない...。だからこそ、治療法に選択肢を持たせられるよう、常に自分達の刀を研いでいるつもりです。

私だけでなくスタッフも含めて、海外の勉強会にも頻繁に出かけ、常に、最先端の技術や情報を学び続けています。そういう努力を詰め重ねることで、「他の病院で断られた」といった難症例にも、積極的に取り組んでいます。

難症例にも対応できる知識と経験を磨く
今一番力を入れているのは「インプラント治療」です。インプラントはデリケートな治療ですので、難症例も多々あります。たとえば海外では、上あごの骨が薄すぎて通常通りの方法ではインプラントを埋入できないケースで、「頬骨(眼球に近い部位)に埋入する」といった例も見聞きしました。

もちろん、国内では、そこまで極端な施術例は多くありません。しかし、極端な例を知っておくことは、普段の症例が比較的容易いものであると思われ、「あれが可能であるなら、少々の難症例には必ず対応策があるはず!」という、心の底力になってくれるのです。

治療で全てが完結するのではない
院長あいさつ患者さまは、時間や費用を費やし多分だけ、自分が受けた治療の効果が長く続いてほしいと思うでしょう。もちろん私達も、自分達の治療結果が長く機能してほしいと願います。そのためには、患者さまにも少し意識を変えていただかなければならないと考えます。

「なぜ虫歯になってしまったのか」「なぜ治療に来ることになったのか」を考えると、生活やケアなどが、それまでと全く同じでは良いはずがないということに、気づいていただきたいと願います。

もちろん、治療が終わりに近づく頃には自然と意識が変わってきていて、「もっとキレイにしたい」「キレイを持続させたい」と思われる患者さまも多いと思います。その「○○したい」という気持ちが大切です。

治療の終わりこそが次へのスタートです!
私達は、そのご希望を叶えるお手伝いもさせていただいています。治療が終了した後には、必要に応じて、定期検診のお知らせをお送りしていますので、そのタイミングでぜひ、チェックアップやクリーニングにお越しください。

「虫歯や歯周病になってしまった頃の状態」に戻ることのないよう、予防ケアを続けることでこそ、お口の健康を永く保っていけると考えます。つまり、「治療の終わり」は「ケアの始まり」なのです。大切な歯を、一緒に守っていきましょう。

私が歯科医になった背景

大好きな祖父が歯科医だったことが大きく影響
千葉県松戸市で生まれ、父の実家である福島県いわき市で育った私は、幼少の頃はかなり活発で落ち着きがなかったため、両親ともに「いつか何か大きな事故にあってしまうのではないか」と、常に心配が絶えなかったようです(苦笑)。

その頃の私は背が高いほうでしたので、まず「縦」に伸びたんですね。でも、思春期に入ってからは「横」への成長が上回り、ぽっちゃり体系に(苦笑)。それに伴ってか、少し「ひっ込み思案」になっていた時期があり、内向的な趣味を好むようになったんです。

たとえば、プラモデル作りにも夢中になりました。歯科医だった祖父が趣味で作っていた精巧な軍艦の模型などを見て、「自分も、こういうのを作ってみたい!」と。今思えば、こういった祖父との趣味の共通点が、初めて「歯科医師」を意識した瞬間だと思います。

まっすぐ進んだ歯科医への道
こうした記憶が残っているように、かなり小さい頃から「医療関係に進みたい」と思っていましたので、進路に迷いはありませんでした。

海外の最新歯科医療を常に吸収しています

院長あいさつ私自身は、香港、スペイン、シンガポールなどに行っていて、特に香港へ出向くことが多いです。海外では、私達のように外国から研修に訪れた医師に対して、「良い例」も「悪い例(失敗例)」も、惜しむことなく披露して、勉強させてくれます。

また、研修先の医師達だけでなく、同様に研修に訪れている世界各国のいろいろな先生方からも話が聞けるので、本当にさまざまなことが吸収できます。なので、研修から戻った後は、当院のスタッフ全員に、吸収してきたことをフィードバックしています。

休日の過ごし方について
趣味は、音楽鑑賞と映画鑑賞です! 「趣味のない人が、とりあえず挙げておきそうな項目」と思われそうですが、私の場合は本当に「全力で大好き!(笑)」で、特に映画は、かなりの本数を観ている方だと思います。

しかし、今1番の「興味の対象」は、我が娘です。「目に入れても痛くない」という慣用句がありますが、娘はまだ小さいので、実は何度か「本当に目に入れてみようか」と思ったことがあるほど溺愛中ですね(笑)

院長プロフィール

院長プロフィールソフィアデンタルクリニック
院長 高久 茂樹

明海大学出身

Branemark implant system Certificate 取得
Clinica Malo ( Portugal ) にて研修
藤本研修会 補綴咬合コース Certificate 取得
オッセオインテグレーションセンター香港で研修 (2004, 2010, 2013年)
Replace Select implant system Certificate 取得
Dr.Franck Renouard's clinic ( France ) にて研修
GC Microscope Seminar Certificate 取得
T32 Dental Centre にて研修(シンガポール)
Dr. David A. Gelb Dental Clinic(アメリカ・ニューヨーク)にて研修
日本口腔インプラント学会


トップへ » 院長あいさつ・経歴


コールバック予約

PAGE TOP