トップへ » インプラント » 【当院の特徴】麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)

【当院の特徴】麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)

1~2本ぐらいのインプラント埋入であれば、普通の歯の治療をする時と同様の麻酔だけでも可能ですが、一度に3本以上処置する場合は、麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)を併用します。

静脈内鎮静法とは・・・
静脈内鎮静法血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつ薬を入れていきます。数分で薬が効いてきて眠くなってきますが、全身麻酔のように全く意識がなくなるということではなく、施術中も会話ができる程度で、「うたた寝をしているような感覚」に近いかも知れません。

何本ものインプラントを埋入させるとなると、処置時間もそれなりに長くなりますので、意識的に口をあけているだけでも煩わしいと思われますが、静脈内鎮静法を用いれば、術中の痛みはもちろん、恐怖感や緊張感などもなくなり、とても楽にインプラント治療を受けていただけます。

また、静脈内鎮静法と同じようなことは、胃カメラ検査や親知らずを抜歯するときなどにも使われています。とても一般的な方法なので、どうぞご安心ください。


トップへ » インプラント » 【当院の特徴】麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)


コールバック予約

PAGE TOP