トップへ » インプラント

歯を失ってしまった方へ【インプラント治療】

インプラント治療

インプラント治療とは、重度の虫歯や歯周病、または事故などによって歯根から歯を失ってしまった場合などに、失われた歯の機能を回復する治療法のひとつです。歯がない部位の歯茎に「インプラント(人工歯根)」を移植して土台を作り、その上から人工歯を被せる治療です。

インプラントがあごの骨としっかり結合するので、天然歯とほぼ同じ噛み合わせを取り戻すことが可能。しかも、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がなく、入れ歯よりも安定した噛み心地が得られます。

審美性と機能性、両方を兼ね備えたインプラント治療を提供
最近では、見た目の美しさを注視した「審美的インプラント」が重視される傾向にあります。ただし、いくら見た目がキレイでも、「噛む機能」に欠けていたのでは、せっかくの治療も台無しでしょう。当院では、審美性と機能性の両面を重視したインプラント治療を行っていますので、ご安心ください。

骨が充分でない人のインプラント治療はこちら
インプラント治療の流れはこちら
インプラントと他の治療法との違いはこちら

【当院の特徴】選べるインプラント3タイプ

当院では

●患者さまの骨の状態
●治療内容・御予算
●その他ご希望

に応じて、選べる3つのインプラント治療を行っております。丁寧なカウンセリングを行い、あなたのご希望に合わせたインプラント治療をご提案します。ぜひ、お気軽にご相談ください。

臨床年数40年以上の実績のインプラント
世界標準の品質で20万円のインプラント
2回法で12万円!業界初のインプラント

【当院の特徴】麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)

1~2本ぐらいのインプラント埋入であれば、普通の歯の治療をする時と同様の麻酔だけでも可能ですが、一度に3本以上処置する場合は、麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)を併用します。

静脈内鎮静法とは・・・
静脈内鎮静法血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつ薬を入れていきます。数分で薬が効いてきて眠くなってきますが、全身麻酔のように全く意識がなくなるということではなく、施術中も会話ができる程度で、「うたた寝をしているような感覚」に近いかも知れません。

何本ものインプラントを埋入させるとなると、処置時間もそれなりに長くなりますので、意識的に口をあけているだけでも煩わしいと思われますが、静脈内鎮静法を用いれば、術中の痛みはもちろん、恐怖感や緊張感などもなくなり、とても楽にインプラント治療を受けていただけます。

また、静脈内鎮静法と同じようなことは、胃カメラ検査や親知らずを抜歯するときなどにも使われています。とても一般的な方法なので、どうぞご安心ください。

【当院の特徴】安全で正確なインプラント治療を可能にした高水準の医療設備

歯科用CT●歯科用CT
●デジタルレントゲン

当院は、国内でもトップクラスの最新医療設備を完備。安全で正確なインプラント治療を実現するために、骨や顎の状態を正確に診断する歯科用CT、インプラント専用の手術室による、クリーンな手術を行なっております。

歯科用CTとは?
インプラント治療は、顎の骨の中にインプラントを埋入するため、経験や勘だけでは手術が難しく、最近では事前にCT撮影をして正確に診断し、手術に臨むケースが増えています。

当院では、歯科専用のCTを導入し、3次元撮影(水平・垂直・奥行)を行っています。今まで把握できなかった骨質や骨量を正確に診断し、より安全で確実かつダメージの少ないインプラント治療ができます。


トップへ » インプラント


コールバック予約

PAGE TOP