トップへ » インプラント » 骨が充分でない人のインプラント治療

骨が充分でない人のインプラント治療

1.サイナスリフト
上あごの小臼歯から大臼歯にかけての骨が少ない場合、短いインプラントでは十分支えられない時や、インプラント自体を入れられない時に上顎洞粘膜を持ち上げる方法です。上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)の既往がある方は注意が必要です。

サイナスリフト上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、これが鼻腔へとつながっております。

サイナスリフトもし、上の奥歯を失ってしまえば、上顎洞が下方に拡大していき、また同時に失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
そして、歯槽骨の厚みが加速的に減少していくのです。

サイナスリフト上顎の歯槽骨にインプラントを入れるための高さが不足している場合、サイナスリフトによって骨の高さを確保する必要があります。
サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能な治療法なのです。

サイナスリフト歯槽骨の厚みがある場合、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4~6ヶ月ほど治癒期間を置きます。
その後、インプラントを埋入していきます。(二回法)

2.骨移植(自家骨、人工骨)
基本的に患者さま自身の骨を使います。取ってくる部位は親知らずの付近や下あごの前方部分が一般的です。また、人工骨は厚生労働省で認可された安心の素材を使用します。

3.スプリットクレスト
あごの骨の高さは十分あるのに幅がないときに骨を押し広げてインプラントをいれます。通常、上あごの前歯にあたる部分に行われます。

4.PRP(多血小板血漿)
PRPは患者さま自身から少量の血液を採血し、遠心分離機にかけて血小板を分別し、濃縮したものです。血小板は様々な組織成長因子をもち、 PDGF(platelet derived growth factors),TGF-β1(transforming growth factors beta-1),TGF-β(transforming growth factors beta-2)の3つの因子を豊富に供給するといわれています。またPRPの繊維素成(fibrin)は、移植骨材の接着性を高め、新生骨の成長を保持する骨格として働くことで、移植骨全体に骨伝導性の作用をもたらせます。

5.頬骨インプラント(ZYGOMA IMPLANT)
通常のインプラントはあごの骨を利用して治療を行いますが、上あごの小臼歯から大臼歯にかけて骨がかなり少なく、サイナスリフトや骨移植では対応できない場合、 頬骨(きょうこつ)を利用したインプラント治療が行われます。この方法では、骨移植などの手術の必要がないため、手術回数が少なく、治療期間も比較的に短縮化できるメリットがあります。


トップへ » インプラント » 骨が充分でない人のインプラント治療


コールバック予約

PAGE TOP