トップへ » インプラント » 2回法で12万円!業界初のインプラント

2回法で12万円!業界初!日本人に適した国産インプラントを採用!

日本のインプラント・システムの中では、最も歴史のあるインプラント・システム!2009年現在 国内シェアNO.4の実績と臨床年数25年の実績。

インプラント体KYOCERA/KOBELCOロゴ<安心の5年保証>

当クリニックの12万円インプラントには、日本メディカルマテリアル(株)の国産インプラントを採用しております。

日本メディカルマテリアル(株)は、京セラ(株)と(株)神戸製鋼所の医療材料事業の統合により設立。日本メーカーが日本人向けに開発したインプラント・システム、JMMのインプラント(POIシステム)は、1989年に開発されました。

POIシステムは、生体親和性の高いチタン合金を表面処理し、それまでセラミック製インプラントではできなかった形状やシステムの多様化を実現しました。すでに10年以上にわたり、多くの歯科医師に採用され、年間4万本が使用されています。

※このインプラントは、20万円以上のインプラントに比べ、適応症例が限られる場合があります。

■他院でも行っている国産12万円インプラント、当院との違いはここ!
現在、格安インプラントとして12万円前後のインプラント治療もすでに当たり前の時代になってきました。こうした"12万円インプラント"の実態は、あまり知られていません。

12万円インプラント治療で多くの歯科医院では、"1回法のインプラント"を使用することが主流となりつつあります。なぜ1回法のインプラントの使用が多いのでしょうか?2回法のインプラントよりもパーツが少ないため、コストを抑えることができるからです。しかし、2回法よりも感染リスクが高く、審美性が劣るという面があります。

このため当クリニックでは、2回法のインプラントを採用し、1回法のインプラントと同じ価格帯で行っております。1回法のインプラントに比べリスクが少なく、成功率が高いのです。角度調整などしやすいので、さまざまな対応ができます。またインプラント治療には、インプラント治療実績のある専門医が担当いたしますので、安心して治療を行えます。


臨床年数40年以上の実績のインプラント
世界標準の品質で20万円のインプラント


トップへ » インプラント » 2回法で12万円!業界初のインプラント


コールバック予約

PAGE TOP