トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療

歯周病は自覚症状がない病気

歯周病

近年、子どもたちの虫歯が減少している一方で、歯周病に感染する大人たちが増えています。厚生労働省の調査によると、日本人成人の80%が歯周病に感染しているという報告があります。もはや歯周病は国民病ともいえるでしょう。

歯周病は、歯周病菌が引き起こす感染病
口腔内の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間に深い溝ができます。これが歯周ポケットです。ここに細菌が繁殖すると炎症を引き起こし、やがて歯周ポケット内部にまで広がり、歯を支えている膜や骨を溶かしていきます。さらに悪化すると、歯を支えきれなくなり、やがては歯が抜け落ちてしまうのです。

早期発見・早期治療が一番の予防
歯周病は、初期症状がほとんどなく、静かに進行していく病気です。自覚症状が現れた頃にはかなり進行していて、細菌による歯周組織の破壊が進み、すでに手遅れとなるケースも少なくありません。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。

歯周病は全身疾患と深い関係があることも

歯周病近年の研究では、歯周病は全身疾患と深い関係があることがわかってきました。歯周病菌が唾液を介して全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを引き起こし、さらには早産にも影響を与えるとさえ言われています。


歯周病チェックシート
あてはまる数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。全身の健康のためにもしっかりチェックしましょう。

□ 1.歯磨きをすると、出血する
□ 2.歯茎が赤く腫れている
□ 3.冷たいものが歯茎にしみる
□ 4.歯がグラグラしている
□ 5.歯並びが悪い
□ 6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
□ 7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
□ 8.口臭がある
□ 9.歯が長くなったように見える
□ 10.朝起きたとき、口の中がネバつく
□ 11.口呼吸している
□ 12.喫煙している
□ 13.糖尿病、高血圧である
□ 14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖している状態です。歯肉に炎症が起きて腫れや出血が見られます。

●ブラッシング指導を受けて、的確な歯磨きを行う。
●歯のクリーニングを1~2回受ける。

中等度歯周病中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立つ状態です。骨の後退が徐々に進み、歯周ポケットが深くなると、歯がぐらつき始めます。

●歯周ポケットの奥に付着している歯石を除去する。
●痛みが伴うときは、麻酔が必要。
●歯周ポケット(歯肉溝)の深さが4mm以上の場合は、歯周外科の適応になる。

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨が破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなった状態です。

●重度の場合は、歯周外科へ。
●それでも保存ができないときは、残念ながら抜歯。

定期ケアから重度の歯周病に対応する幅広いメニュー

【スケーリング】定期的な施術で口腔内環境を整えるスケーリング
スケーリングとは、歯に付着している汚れや歯石などを取り除く治療方法です。この処置により、プラークが付きにくくなり、歯周病が改善されます。

歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、なかなか落ちません。また、歯石は除去しても、しばらくすると再形成されるので、定期的にスケーリングを受けることが必要です。

【歯肉切除】比較的簡単で短時間で完了する手術
歯肉の腫れがひどいとき、歯周病の悪化を防ぐために行う治療で、不要な歯肉を切除して縫合します。手術は比較的簡単で、短時間で行なうことができます。

【歯周ポケット掻爬(そうは)術】歯周ポケットの深さを浅くする
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの奥の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行なう治療で、歯周ポケットが浅くなり、プラークが溜まりにくい環境を作ります。

【フラップ法(Fop)】奥深くに潜むプラークを除去
歯茎(歯肉)を切開して歯槽骨から剥離し、歯根に付着したプラークや歯石を除去します。必要に応じて歯槽骨の清掃や、ダメージを受けた歯肉組織の除去も行ない、歯肉を元の状態に戻します。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP