トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般治療(無痛治療)

「削る量は最小限に」「神経はできる限り残す」が当院の方針です

一般歯科・無痛治療

「なるべく歯を削ってほしくない」
「歯を削るとしても神経までは取らないで...」

そんなふうに、歯や歯の周辺部分に関して、「健康な部分はできるだけ残したい」と思いながらも、なかなか言い出せないまま治療を受けている方はいませんか? 当院では、「できるだけ削らない、抜かない」ということを方針として、虫歯治療を行っていますので、ご安心ください。

削る量を最小限に抑えて患部だけを確実に治療
拡大鏡を使うことにより、感染した部分だけを確実に取り除くことに注力していますので、削る量は最小限に抑えられます。また、痛みは、虫歯や支障を知らせてくれる重要なサインです。虫歯が進行したときなどに痛みで悪化を感じられるよう、なるべく神経を残すように努力しています。

抜歯が必要な場合も、患者さまの同意が不可欠と考えます
虫歯の状態によっては抜歯が必須のケースもあります。その場合は、温存できない理由をきちんと説明し、患者さまの同意の上で抜歯を行います。その場でご同意いたただける場合もあれば、結論が得られるまでに数日かかる方や、1~2年かけて慎重に考える方もいらっしゃいます。

歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットをきちんとお伝えいたしますので、納得できるまでご検討いただいて構いません。大切な歯を可能な限り残すための努力は怠りませんので、治療についてのご要望があれば、お気軽にご相談ください。

些細な質問にもお応えするカウンセリング

当院では、適切な治療を行うために、すべての患者さまに事前のカウンセリングを実施しています。カウンセリングでは、患者さまのご要望をお伺いしながら、治療について丁寧に説明しますので、心配な点や不明な点がありましたら、遠慮なく、ご質問・ご相談ください。

患者さまのプライバシーに配慮した個室の治療室を完備
治療室はすべて専用個室です。お悩みはもちろん、費用や期間のことなど、些細な疑問や心配なことでも、周囲の目や耳を気にすることなく、遠慮なくご相談いただけます。

詰め物や被せ物の処置は、歯肉の状態を改善してから

一般治療歯肉に腫れや出血がある状態では、正確な歯型を取ることができません。仮に、その状態のまま人工歯を被せたとしても、腫れが引いた際に隙間ができてしまい、そこに細菌が溜まって虫歯や歯周病の原因になる恐れがあります。

治療を始める前に検査を行います
そこで当院では、虫歯治療を始める前に歯周病検査を行い、必要に応じて歯石や汚れなどを除去し、歯肉の状態が安定してから虫歯治療に着手します。歯肉の状態を改善させてから補綴物(被せ物や詰め物)の処置を行うことが、虫歯の再発防止につながります。

※痛みがひどいときなどには、ケース by ケースで必要な応急処置を行いますのでご安心ください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般治療(無痛治療)


コールバック予約

PAGE TOP